•  

  1. HOME
  2. ユーリカボックスとは
  3. 演習系コンテンツ

演習系コンテンツ

記述式ドリル・演習で自分の理解度を“確認”し、
学んだことをプロジェクトで“実践”ができる
レベルへ引き上げます

記述式ドリル・演習のイメージ
記述式ドリル・演習のイメージ

要求記述(USDM)

「USDM」は主に自然言語を用いて「要求」と「仕様」を階層化して整理するのが特徴です。派生開発プロセスの「XDDP」でも変更要求仕様の記述方法として採用されています。
「要求」と「仕様」を対応付けることで、その「仕様」がどの「要求」を実現するためのものなのか、全ての「要求」がヌケモレなく「仕様」まで具現化されているかを確認することができます。

コンテンツ一覧

ご不明点・ご相談ごとがあれば
お気軽にご連絡ください

資料ダウンロード・お問い合わせはこちら

モデルベース開発(MBD)

MBDは、一般的にMathWorks社のMATLAB/Simulinkを用いたソフトウェアの開発を指しています。
ソフトウェアの「開発規模の増加」と「開発ライフサイクルの短縮」を背景として、昨今の組込みソフトウェアの開発(特に自動車制御用ソフトウェアの開発)においてMBDが広く用いられています。 MBDではSimulinkモデルによる可読性の高い表現とシミュレーションを用いた検証によって短い期間で多くの機能の開発を実現しています。

コンテンツ一覧

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)

SPLE(ソフトウェアプロダクトラインエンジニアリング)とは、 類似する製品を一つのグループ(製品群)として捉え、それら製品群の中で共通な部分を部品化(コードだけでなく、要求仕様やテスト仕様なども含めて)し再利用することで、品質の安定と開発効率の向上を目的とした技術です。

コンテンツ一覧

セミナー情報