【2021年2月度】新規追加コンテンツのお知らせ

Feb 24, 2021

いつもEureka Boxをご利用頂き、ありがとうございます。
【2021年2月度】新規追加コンテンツをお知らせ致します。

新規コンテンツは、毎月25日に追加されます。

今回の新規追加コンテンツは、以下の合計44個です。


【要求記述(USDM):計8個】
<USDMの書き方>

 USDM作成の流れ
 要求と仕様が書き分けられていない例

<要求>

 要求の役割
 要求の構成要素
 要求を書く視点
 要求を認定仕様とする

<成果物テンプレート>

 Excelテンプレート
 Excelアドイン


【モデルベース開発(MBD):17個】

<Stateflowとは>

 Simulink と Stateflow の使い分け

<Stateflowモデルの作成 (ステートチャート)>*全11コンテンツのシリーズ

 00. はじめに
 01. 作成するモデル
 02. 準備
 03. チャートの作成
 04. 使用するデータの定義
 05. ステートの定義
 06. 遷移の定義
 07. アクションの定義
 08. その他の定義や設定
 09. チャートのデバッグ
 10. 終わりに

<ドリル Q-001. LEDランプ (★☆☆)>

 問題

<演習 E-ACC-000. 解説>

 本演習について
 演習の題材(ACC)について
 開発環境について

<E-ACC-001. プロトタイピング>

 問題


【ソフトウェアプロダクトライン(SPL):17個】

<成果物サンプル:コア資産作成工程>

 コア資産はフィーチャモデルと対応付ける
 システム要求仕様書(コア資産)
 システムアーキテクチャモデル(コア資産)
 ソフトウェア要求仕様書(コア資産)
 ソフトウェアアーキテクチャモデル(コア資産)
 シミュレーションモデル(コア資産)
 詳細設計書(コア資産)
 コード(コア資産)
 テスト資産(コア資産)
 その他ドキュメント(コア資産)

<成果物サンプル:再利用工程>

 コンフィグレーションモデル
 コア資産から導出した資産の一式

<Tips:フィーチャモデルとコア資産の具体的な対応の取り方>

 フィーチャモデルと要求仕様書の対応
 フィーチャモデルとアーキテクチャモデルの対応
 フィーチャモデルとシミュレーションモデルの対応
 フィーチャモデルとコードの対応
 フィーチャモデルとその他ドキュメントの対応


【最新技術:2個】

・AWS Greenglass(第3回)

・EdgeAI(第1回)


※『派生開発(XDDP)』『システムズエンジニアリング』は、2021年5月度よりコンテンツ掲載開始予定です。

今後とも Eureka Box(ユーリカボックス)をよろしくお願いいたします。

Close

50% Complete

2ステップ

Lorem ipsum dolor sit amet、consectetur adipiscing ellit、sed do eiusmod tempor incididunt utLaberetdoloremagnaaliqua。