システムメンテナンスのお知らせ《5/3(月)17:00~17:05》

Apr 27, 2021

いつもEureka Boxをご利用頂き、ありがとうございます。

大変恐縮ながら、サービス信頼性向上のため、以下の日時でシステムメンテナンスを実施させて頂きます。

・2021年5月3日(月) 17:0017:05

*約5分程度、すべてのサービスがご利用頂けなくなります。

ユーザーの皆様におかれましては、大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

何卒ご理解頂けますよう、よろしくお願い致します。

続きを読む

【2021年4月度】新規追加コンテンツのお知らせ

Apr 22, 2021

いつもEureka Boxをご利用頂き、ありがとうございます。
【2021年4月度】新規追加コンテンツをお知らせ致します。

新規コンテンツは、毎月25日に追加されます(*25日が土日祝の場合は前倒し)。

今回の新規追加コンテンツは、以下の合計34個です。

(*無料コース会員も視聴可能な新規コンテンツも含む)


無料&有料コース会員共通:新規追加コンテンツ

おすすめのプレイリスト:3個

【おすすめのプレイリスト】では、Eureka Boxで取り上げている様々な技術のエッセンスを、初学者でも分かりやすくお伝えするコンテンツをピックアップし紹介しています。

はじめての組込みソフトウェア

「組込みシステムとは」
「組込みソフトウェアの特性」
「組込みソフトウェアの開発の特徴」

また、【おすすめのプレイリスト】では、以下のコンテンツも絶賛公開中です。

・『はじめてのシステムズエンジニアリング』
・『はじめてのUSDM』
・『SPLコラムプレゼン資料のSPL化で業務効率を改善してみた』

最新技術【体験版】:1個
「Docker(第1回)」


有料コース会員:新規追加コンテンツのお知らせ

要求記述(USDM):13個

要求の分割・階層化

「要求を分ける」
「要求の分割基準」
「時系列分割」
「構成分割」
「状態分割」
「共通分割」
「要求の階層化」
「強制2層」
「要求のグループ化」

Tips分割・階層化

「要求を分割するコツ」
「階層の数、階層化のよくない例」


モデルベース開発(MBD):8個

可変性の実現

「可変性の実現(概要)」
「可変性の実現(1)」
「可変性の実現(2)」

設計データの管理

「処理の共通化手段」
「ベクトルを用いた処理の共通化」
「Simulink関数を用いた処理の共通化」
「モデル参照を用いた処理の共通化」

ライブラリの活用

「Simulinkモデル改善パターン」


ソフトウェアプロダクトライン(SPL):7個

SPL開発の事例(弊社)
「車両統括制御システム(自動車会社A)」
「ボデーシステム(自動車会社B)」
「シフトバイワイヤシステム(自動車会社C)」

SPL開発の失敗事例(アンチパターン)
「周囲の協力が得られない」
「想定したほどの生産性が出ない」
「一向に生産性/品質が上がらない」
「微妙に異なる同じ機能が何度も実装されている」


最新技術:2個

連載

「エッジAI(...

続きを読む

【2021年3月度】新規追加コンテンツのお知らせ

Mar 24, 2021

いつもEureka Boxをご利用頂き、ありがとうございます。
【2021年3月度】新規追加コンテンツをお知らせ致します。

新規コンテンツは、毎月25日に追加されます。

今回の新規追加コンテンツは、以下の合計35個です。

(*無料コース会員も視聴可能な新規コンテンツも含む)


【要求記述(USDM):計15個】

要求

理由の役割

理由の書き方

説明の書き方

要求、理由、説明の書き分け

非機能要求

機能要求と非機能要求の違い

非機能要求と品質要求の関係

非機能要求の分類_ISO25010

非機能要求の分類_EAST-ADL

Tips要求

USDMの要求を簡単に書くコツ

要求を確実に書き出すための表現のコツ

理由が書けないときのコツ

理由が正しく書けているか確認する方法(理由記述の注意点)

要求の中で図が必要な場合

Tips非機能要求

非機能要求の抽出のコツ

ツール

アセスメントシート


【モデルベース開発(MBD):8個】

Simulink モデルの実行と結果の可視化

Simulink の可視化機能 (基本)

Simulink の可視化機能 (使用方法)

設計データの管理

設計データの管理方法

データディクショナリを用いない設計データ管理

データディクショナリを用いた設計データ管理

制御モデルの開発 (アーキテクチャの設計と実装)

Simulinkライブラリの作成・使用方法

Simulinkライブラリの作成方法

マスクの設定・使用方法


【ソフトウェアプロダクトライン(SPL):1個】

コラム

プレゼン資料のSPL化で業務効率を改善してみた


【最新技術:2個】

連載

AWS Greenglass(第4回)

EdgeAI(第2回)


*無料コース会員も利用可能!

多数のコンテンツが、無料コース会員の新規コンテンツとして追加されました。

以下でご紹介しているのは、ほんの一部です。

詳しいコンテンツ内容については、ぜひ『My Course』よりご覧ください。

 

おすすめのプレイリスト

 (*おすすめのプレイリスト」では、Eureka Boxで取り上げている様々な技術のエッセンスをお伝えするコンテンツをピックアップしています)

・はじめてのシステムズエンジニアリング;
「システムズエンジニアリングとは」、「...

続きを読む

【2021年2月度】新規追加コンテンツのお知らせ

Feb 24, 2021

いつもEureka Boxをご利用頂き、ありがとうございます。
【2021年2月度】新規追加コンテンツをお知らせ致します。

新規コンテンツは、毎月25日に追加されます。

今回の新規追加コンテンツは、以下の合計44個です。


【要求記述(USDM):計8個】
USDMの書き方

USDM作成の流れ
要求と仕様が書き分けられていない例

要求

要求の役割
要求の構成要素
要求を書く視点
要求を認定仕様とする

成果物テンプレート

Excelテンプレート
Excelアドイン


【モデルベース開発(MBD):17個】

Stateflowとは

Simulink と Stateflow の使い分け

Stateflowモデルの作成 (ステートチャート)*全11コンテンツのシリーズ

00. はじめに
01. 作成するモデル
02. 準備
03. チャートの作成
04. 使用するデータの定義
05. ステートの定義
06. 遷移の定義
07. アクションの定義
08. その他の定義や設定
09. チャートのデバッグ
10. 終わりに

ドリルQ-001. LEDランプ ()

問題

演習E-ACC-000. 解説

本演習について
演習の題材(ACC)について
開発環境について

E-ACC-001. プロトタイピング

問題


【ソフトウェアプロダクトライン(SPL):17個】

成果物サンプル:コア資産作成工程

コア資産はフィーチャモデルと対応付ける
システム要求仕様書(コア資産)
システムアーキテクチャモデル(コア資産)
ソフトウェア要求仕様書(コア資産)
ソフトウェアアーキテクチャモデル(コア資産)
シミュレーションモデル(コア資産)
詳細設計書(コア資産)
コード(コア資産)
テスト資産(コア資産)
その他ドキュメント(コア資産)

成果物サンプル:再利用工程

コンフィグレーションモデル
コア資産から導出した資産の一式

Tips:フィーチャモデルとコア資産の具体的な対応の取り方

フィーチャモデルと要求仕様書の対応
フィーチャモデルとアーキテクチャモデルの対応
フィーチャモデルとシミュレーションモデルの対応
フィーチャモデルとコードの対応
フィーチャモデルとその他ドキュメントの対応


【最新技術:2個】

・AWS Greenglass(第3回)

・EdgeAI(第1回)


※『派生開発(XDDP)』『システムズエンジニアリング』は、...

続きを読む

有料コースを公開しました

Jan 25, 2021

2021年1月25日(月)、株式会社エクスモーションの技術コンサルタントが、開発現場で蓄積した、実践型ナレッジを提供するサービス【Eureka Box (ユーリカボックス)】を、正式リリース致しました。

続きを読む

Eureka Box大解剖!

Dec 24, 2020
 

2020/12/17(木)に実施した

【Eureka Live 特別編】エンジニア必見!Eureka Box(ユーリカ ボックス)大解剖!

の内容を公開します。


コンサルティングのナレッジを一挙大公開!

リモートワークがもたらすソフトウェア開発の新たな課題

新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワークが急増し、エンジニアの開発スタイルにも変化が起きています。オフィスでのワイガヤ開発から、おうちでひとりの開発になったことで、今までは隣の席の先輩に何気なく相談出来ていたことが、Webではつながっているとはいえ、ちょっとの質問や相談がしづらい状況になってしまいました。特に、社内での人間関係が確立していない若手には深刻な問題です。ひとりで開発しているときでも気軽に相談できる相手が欲しい・・・リモートワークがもたらしたソフトウェア開発の新たな課題といえるでしょう。

ひとりでの作業を支援してくれる ソフトウェア開発のナレッジ 「Eureka Box(ユーリカボックス)」

Eureka Boxとは、株式会社エクスモーションが、これまでコンサルティングの現場で実践・蓄積してきたナレッジを、誰でも活用できるように分かりやすくまとめたコンテンツの集まりです。 今回のEureka Liveでは、Eureka Boxを実際に操作しながら、組込みソフトウェア開発のコンサルティングファームであるエクスモーションのナレッジを、動画や図(モデル)を用いながら大公開します!

要求と仕様の書き方ってどうやるの?分かりやすい基準は?(※今回はUSDMを使用)

プログラミング経験があれば、モデリングは楽勝なのか?

Simulinkモデル改善パターン

…など、実際の改善事例と共に、当日は皆さんからの質問にも随時答えながら、カジュアルスタイルでご紹介していきます。

続きを読む

Nov 15, 2020

体験コースを公開しました。無料会員登録で各コースの無料コンテンツを体験できます。

続きを読む
Close

50% Complete

2ステップ

Lorem ipsum dolor sit amet、consectetur adipiscing ellit、sed do eiusmod tempor incididunt utLaberetdoloremagnaaliqua。