SPL学習

SPL学習

このコースでは、これからSPLを学んでいきたいという人から、実践している人に向けて、コンテンツを用意しています。SPLの基礎から応用までをわかりやすく解説します。

 

カテゴリ名をクリックすると、各コンテンツの先頭部分を一覧にしたページが開きます。コンテンツの<続きを見る>のリンク先は有料コースです。一部のコンテンツは体験版として公開しており、無料会員登録でご覧いただけます。

 
カテゴリ コンテンツ リリース
SPL開発とは はじめてのSPL開発(SPLE) 公開中
SPL開発の概要
システム開発の現状 開発現場で起こっていること
SPL開発に対する期待
SPL開発の用語・考え方 用語集
SPL開発における重要な概念
SPL開発の効果 SPL開発の導入効果(海外)
SPL開発の導入効果(国内・当社支援実績)
SPL開発を適用するフェーズ・ドメイン SPL開発に向く製品・向かない製品
ソフトウェア開発への適用
システム開発への適用
SPL開発の成熟度評価(概要) Family Evaluation Framework(SPL開発の4つの視点)
Product Line Technical Probe
成果物サンプル:SPL開発戦略策定工程 製品ロードマップ・製品マップ
フィーチャモデル
成果物サンプル:コア資産作成工程 コア資産とフィーチャモデルを対応付ける
システム要求仕様書(コア資産)
システムアーキテクチャモデル(コア資産)
ソフトウェア要求仕様書(コア資産)
ソフトウェアアーキテクチャモデル(コア資産)
シミュレーションモデル(コア資産)
詳細設計書(コア資産)
コード(コア資産)
テスト資産(コア資産)
その他ドキュメント(コア資産)
成果物サンプル:再利用工程 コンフィグレーションモデル
コア資産から導出した資産一式
SPL開発に移行するプロセス RIPPLEアプローチの概要
RIPPLEアプローチの流れ
分析フェーズの活動内容 2021/09
準備フェーズ以降の活動内容
SPL開発移行後のプロセス(全体像) SPL開発移行後のプロセス
SPL開発移行後のプロセス(ドメインエンジニアリング) PLスコーピング 2021/10
可変性分析
PL要件定義 未定
PLアーキテクチャ設計
PL詳細設計
PL実装
PLテスト
SPL開発移行後のプロセス(アプリケーションエンジニアリング) コンフィグレーション
バインディング 2021/11
製品要件定義
製品アーキテクチャ設計 未定
製品詳細設計
製品実装
製品テスト
コア資産へのフィードバック
SPL開発におけるトレーサビリティの考え方 トレーサビリティ確保戦略 2021/09
SPL開発をリードするために 上長を巻き込む 未定
KPIの設定・評価
SPL開発の組織体系パターン
SPL開発に必要なロール
SPL開発のカイゼン
理想論にこだわりすぎない
ツールチェーンの検討
SPL開発の成熟度評価(詳細) ビジネス視点の成熟度レベル
アーキテクチャ視点の成熟度レベル
プロセス視点の成熟度レベル
組織視点の成熟度レベル
他手法との連携 XDDPとSPL開発の融合
USDMとSPL開発の融合
MBSEとSPL開発の融合

まずは無料でお試しを!