MBD学習

MBD学習

このコースでは、これからMBDを学んでいきたいという人から、すでにモデルを描いている人まで幅広いコンテンツを用意しています。

学習系コンテンツをのぞいてみる

カテゴリ名をクリックすると、各コンテンツの先頭部分を一覧にしたページが開きます。コンテンツの<続きを見る>のリンク先は有料コースです。一部のコンテンツは体験版として公開しており、無料会員登録でご覧いただけます。

 
カテゴリ サブカテゴリ コンテンツ リリース
MBD の基礎 MBD とは MBD の意義・効能 体験版
MBD のワークフロー 開発プロセス (概要)
開発プロセス (ソフトウェア詳細設計)
開発プロセス (実装)
開発プロセス (テスト)
ツールチェーン 公開中
MBD の導入に向けて プログラマーがモデラーになるために
制御モデルの開発 (アルゴリズムの設計と実装) Simulink クイックツアー Simulink クイックツアー
Simulink モデルの作成 (基本) 基本的なブロック (概要) 体験版
基本的なブロック (1) 公開中
基本的なブロック (2)
基本的なブロック (3)
信号の種類と使用方法
コメント・注釈の設定方法 未定
Simulink モデルの作成 (発展) 発展的なブロック
列挙型導入のすゝめ 公開中
Simulink モデルの実行と結果の可視化 Simulink の可視化機能 (基本)
Simulink の可視化機能 (使用方法)
Stateflow とは Simulink と Stateflow の使い分け
Stateflowモデルの作成 (ステートチャート) 00. はじめに
01. 作成するモデル
02. 準備
03. チャートの作成
04. 使用するデータの定義
05. ステートの定義
06. 遷移の定義
07. アクションの定義
08. その他の定義や設定
09. チャートのデバッグ
10. 終わりに
Stateflow モデルの作成 (フローチャート) 条件分岐の定義 未定
アクションの定義
Stateflow モデルの作成 (真理値表など) Stateflow モデルの作成 (真理値表など)
設計データの管理 設計データの管理方法 公開中
データディクショナリを用いない設計データ管理
データディクショナリを用いた設計データ管理
モデルの動作設定 モデルの初期化および終了用の設定 未定
シミュレーション実行用の設定
設計ミス防止用の設定
モデル可読性向上のための表示設定
制御モデルの開発 (アーキテクチャの設計と実装) モデルの階層化 サブシステム化の方法 2021/09
信号のバス化
ライブラリの活用 Simulinkライブラリの作成・登録方法 公開中
Stateflowライブラリの作成方法
マスクの設定・使用方法
モデルの分割 モデルリファレンスの作成方法 2021/09
モデルリファレンスの参照方法
サブシステムリファレンスの作成方法
サブシステムリファレンスの参照方法
制御モデルの設計テクニック 可変性の実現 可変性の実現(概要) 公開中
可変性の実現(1)
可変性の実現(2)
処理の共通化 処理の共通化手段
ベクトルを用いた処理の共通化
Simulink関数を用いた処理の共通化
モデル参照を用いた処理の共通化
汎用的なロジックの再利用 汎用的なロジックの再利用 2021/09
制御モデルの品質向上 スタイルガイドラインの適用 (基本) スタイルガイドラインの適用 (基本) 未定
スタイルガイドラインの適用 (発展) スタイルガイドラインの適用 (発展)
制御モデルの設計・実装ガイドライン 制御モデルの設計・実装ガイドライン
制御モデルのアンチパターン Simulinkモデル改善パターン 公開中
メトリクスの測定と活用 メトリクスの測定と活用 未定
制御モデルの検証 MBDにおける検証 MILS/SILS/HILS の使い分け 公開中
モデルの検証の種類
シミュレーション検証の進め方 単体検証で利用可能な機能
テストベクタの定義
テストの実行と結果確認方法
シミュレーション検証内容の完全性 カバレッジの基礎
Simulinkモデルのカバレッジ測定方法
Stateflowモデルのカバレッジ測定方法
カバレッジの充足(テストの追加)方法
形式検証/プロパティ検証 命題モデルの作成 未定
プロパティ検証の実行と反例確認
HILS概要 HILSとは 公開中
制御モデルのリファクタリング リファクタリングとは リファクタリングとは 2021/09
リファクタリングの進め方 ライブラリに置換
ベクトル化、バス化
サブシステム化、サブシステム展開
領域・注釈の活用
リファクタリング前後の一致性確認 シミュレーションによる一致性確認
プロパティ検証による一致性確認
制御モデルからの自動コード生成 自動コード生成クイックツアー 何はともあれコード生成 公開中
コード生成前の検討内容 コード生成範囲、結合方法の検討 2021/09
生成コードのカスタマイズ インターフェース(シグネチャ)定義
スタイルの変更
ファイルや関数への分割
プリプロセス
変数・パラメータのカスタマイズ 変数の宣言、定義、初期化
パラメータの宣言、定義、インライン化
構成管理 MATLAB プロジェクト MATLAB プロジェクト(旧Simulinkプロジェクト)の紹介 未定
Simulink のバージョン管理機能 モデル履歴の活用方法
モデルの差分検出、マージ
バージョン管理システムとの連携 SVN 連携(組込み、外部ツール利用)
Git 連携(組込み、外部ツール利用)
SVN サーバ構築方法
Git サーバ構築方法
CI環境の構築 CI環境の構築 CI ツール連携で出来ること
Jenkinsサーバ構築方法
[Jenkins] MATLAB連携ジョブの作成方法
MBD 環境整備 API の活用 API の活用 未定
API の基礎 API の基礎 2021/09
モデルのプロパティ取得・設定 モデル構成要素 未定
要素の検索
要素のプロパティ取得・設定
モデルの構築 モデルの構築 2021/09
モデルのシミュレーション モデルのシミュレーション
シミュレーション結果の可視化 シミュレーション結果の可視化
ファイルの読み書き ファイルの読み書き
マネージメント マネージメント
ツールの作成・配布 ツールの作成・配布 2021/10

まずは無料でお試しを!